“日本の良さ”を伝えます

2017年10月3日

同じ観光地を案内するとしてもお客様によって好みや求めているものはさまざま…。

通訳案内士は、相手を満足してもらえるようなガイドの仕方を考えていかなくてはなりません。「お客様によって反応が違うこと」「正解がない」ということは難しいことですが、だからこそ新たな刺激を得ることができる毎日です。

自分のガイドによって、海外の方が日本をもっと好きになってくれるかもしれません。そう思うと、観光地に関する地道な下調べや、政治、経済、一般常識などの勉強にも、どんどん熱が入ってくるのです。

仕事を通じて、「人と人」を繋げる、日本の素晴らしさを海外の人々に伝えることができる、

そんな瞬間を創り上げるお仕事です。

PAGE TOP